山伏茸


価格:
販売価格$5.00

説明

【説明】
「山伏茸」は、日本では数少ないサンゴハリタケ科のきのこです。 味と香りにはクセがなく、プルっとした食感がホタテやフカヒレのそれに少し似ており、鍋や汁物として味を染み込ませて食すのがオススメです。 栄養面の特徴として、認知症の研究で効果が期待されている「ヘリセノン」という成分、この「ヘリセノン」は山伏茸だけに含まれ、現在では他の食物からは摂取出来ないと言われています。 また、免疫力を高めると話題の「アガリスク」というキノコがありますが、山伏茸はこのアガリスクを超えるとも言われています。 腸内の免疫細胞にダイレクトに働きかけ免疫力細胞を活性化させ、アレルギー予防や改善効果も期待されているβ-グルカンが、アガリスクでは2種類しか含まないのに対し、山伏茸は、なんと5種類も含有しています。 その他にも、必須アミノ酸やミネラルを多く含んでおり、中国では乾燥品が漢方薬として利用されています。その希少性と効能期待から、古来より歴代皇帝や権力者が競うように探し求めた食材として知られ、フカヒレ、ナマコ、 熊の手と並んで「四大山海珍味」の一つとして宮廷料理や薬膳料理の材料として珍重されてきました。

【産地・加工地】
長野

【規格】
80g

【原材料】
-

【保存方法】


【注記】

配達ポリシー

You may also like

Recently viewed